呑ジャって何ジャ。

ハラダです。

小諸商工会議所ものづくり特別委員会企画
呑ジャ味噌メニューに、当店も参加しております。

image

はてさて、呑ジャって何ジャって話しでして。

小諸に縁のある、戦国時代から江戸時代初期の高僧、呑龍上人にちなみ、小諸商工会議所ものづくり特別委員会が呑ジャ焼きそばを開発。
イベント等で、食べたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

その呑ジャ焼きそばで使っている、小諸産の黒豆味噌をベースにした肉味噌が、呑ジャ味噌です。

当店では、この呑ジャ味噌を使った、3種類の料理をご用意しております。

呑ジャミートソース 980円

image

鉄板焼きのミートソーススパゲッティです。
ジュージュー言ってます。
一つ注文が入ると、店内に味噌の焼ける香ばしいにおいが充満するので、あれは何じゃ(失礼、、、)と、皆さん、キョロキョロされます。
そして、この呑ジャミートソースの最大の魅力は、何と言っても、オコゲ。本当にこのオコゲが、素晴らしい仕事をしています。
たまらんです。

生春巻き 620円 ※ナイトタイム限定

image

呑ジャ味噌・エビ・薄焼きたまご・きゅうり・トマト・レタス・かいわれ・大葉をライスペーパーで巻いています。

生春巻きはベトナム料理で、ちょっと癖のある野菜が使われていることが多いのですが、当店では、日本お馴染みの野菜と具材を組み合わせていますので、とても食べやすいです。
生春巻き和風ってところでしょうか。
是非、チャレンジしてみてください。

豆腐ステーキ 720円 ※ナイトタイム限定

image

とろろ芋を鉄板で焼き、その上に、片栗粉をつけてまわりをカリッと焼いた豆腐。
呑ジャ味噌と醤油ダレが、ジュワッとかかります。白髪ねぎのしゃきしゃきした歯触りが、良いアクセントになっています。

先日、お客様がこう表現してくれました。

ジュワッ、サクッ、ふわっ、とろっ、シャキッ!んー!!

どうでしょうか。
伝わりましたでしょうか。

先日、コミュニティテレビこもろで放送された、
呑ジャミートソースのジュージューした様子が、こもろ商工100%のYouTubeでご覧になれます。

熱々の鉄板焼きをフーフーしないで、そのまま食べた菅原キャスターの顔にご注目。ちょっと涙目。
いや、そりゃ、アナタ、熱いでしょうよ。
ワタクシ、思わず、あっ!て声が出ちゃいましたもの。

それでは、皆さん、呑ジャメニュー、是非、食べに来て下さいませ。

以上、ハラダでした。

呑ジャって何ジャ。」への1件のフィードバック

コメントの受付は終了しました。